タグ:ふかふか

ゴールデンウィークの前に、お店のお客様に羽毛ふとんのリフォームの
案内をハガキで送りました。だいたい、この時期あたりで寝具もこれま
での冬用をしまって、合掛やうすめの布団に切り替えるころですので、
羽毛ふとんをしまってしまう前にちょっとお使いの布団の状態を見直し
てみてはという案内でした。

羽毛ふとんを長く使いっぱなしでいるお客様はけっこういるようです。
10年くらい使っていれば、汗や脂で生地の汚れも目立つころ。なにより
中の羽毛のふくらみが本来のものではなくなっていることが多いです。
生地からの羽毛の吹き出しがあったりすれば、なおさらリフォームが
必要。新品同様に作り直してまた長く使っていただけます。

その案内ハガキと羽毛ふとんを持ってお店に来られた1組のご夫婦。その
羽毛ふとんを見て、すぐに「見たことがある」ものだと思いました。
某寝具メーカー製のかなり上等な羽毛ふとんです。生地も今一般に販売
しているものよりワンランク以上質の高い超長綿サテン。中のダウンは
ハンガリー産ホワイトグースのダウン99%表示(現在の基準では95%)

見たことがあるというより、販売した覚えのある羽毛ふとんでした。
奥様に確認したところ、「実家のそばにあったお店で、今はなくなって
しまったのですが・・」と僕が以前いた会社の店でした。やっぱり!
お店はチェーン店でしたので、僕がその店で販売したわけではないと
思いますが、その商品はよく覚えていました。

 結婚のときに親に連れられてお店で買ったもの、もう29年くらいたつ
そうです。それが目の前にある2枚の羽毛ふとんでした。こまめにカバ
ーを掛け替えて、ときに日に干して使っておられたのだと思います。
29年も使っていたとは思えないほどきれいで、ふっくらした状態でした。
結婚するときに「親に買ってもらったものだから、大事に使っていた」
だから、そろそろリフォームしてまた長く使っていきたいということ
でした。

高品質で高額の部類の羽毛ふとんだからということもありますが、でも
値段や品質がそこまで上等でなくても、大事に使っていた羽毛ふとんは
見ればわかります。

結婚するといっても、大げさに考えず、本人たちが気軽に買える寝具で
スタートするというのを否定するつもりは毛頭ありません。ただ昔婚礼
と呼んでいたころの寝具や家具など結婚時に持たせえてもらった調度品
には「親の思い」も確かに託されていたと思います。

「大事に使っていきたい」と思ってもらえる羽毛ふとんならすぐにゴミ
になるようなことはありません。今は支度のための結納金などもなくな
っているようですが、それはそれで意味のあったのだなあと思いました。

先日、展示会で行った寝具メーカーの社長と話していたら、「結婚した
息子がいつの間にかニトリで買っていた」と嘆いていました。笑い話の
ようですが、当人たちがネット通販で気軽に値段で調達するのが当たり
前の時代になってしまいました。

専門店の存在意義や販売員が商品を説明するのはセルフとは違う役目が
あることをもっと当の販売員たちが自負をもたなければいけないと思う
のです。結婚するときの寝具は親に少し援助してもらってもいいと思い
ますよ。できれば親子で寝具売場で、販売員の説明を受けて納得して購
入する場面が増えるといいなと思います。

これからの時代は低成長の世の中になるでしょうが、ちゃんとしたものを
「大事に使う」というのは社会的にもとても意味のあることになっていく
はずです。

結婚するときには、長く使える寝具を選びたい、選んでもらいたいと強く
思うのでした。

29yearsold_1
29年目の羽毛ふとんのリフォーム(before)

 
明日の日曜日は山中湖でハーフマラソンを走ります。これが今シーズン
最後の大会で、秋まではしばらくおやすみ。ゴールデンウィーク前の
ランニングで左のふくらはぎを軽い肉離れをやってしまい、あまり練習
ができていません。タイムは狙わず完走できれば上等くらいで無理せず
走ろうと思っています。

山中湖の新緑の中走るのはとっても楽しみ。もっと楽しみなのが終わっ
た後のビール(^-^)。明日は高校の同窓生6人で参加です。

寝具業界の人と話していてもあまり景気のいい話はない。
今日も取引先の担当営業と商談していて
「不景気ですから」という言葉に違和感。
 
僕が仕事をしてから、34年になるが
景気のいいときってあったか?
 
たしかに、その時々で忙しかったり、売れたりしたときは
いくらでもあった。後にバブルと言われる時代も経験した。
 
でも、小売りの仕事をしていて景気がいいと感じたことは
ほとんどなかったような気がする。
 
あるとしたら、インターネットで商売をはじめた当初の
5年くらいか。確かに毎年右肩上がりの売上だった。
 
でも、それから当然、競争も激しくなり、以前のようには
いかなくなった。
 
だからといって、原因が不景気のせいとは思わない。
 
忙しかったり、売れていたときは取り扱っている商品が
たまたま成長期だったり、売り方が時流に乗っていたり
したということだと思う。
 
では、売れないときは?停滞しているときは?
 
世の中のみなが売れないのではなく、きっと他に売れる
商品や時流の売り方があるということ。
 
いつもそれを模索しながら、変化に対応しながら小売りと
いう仕事をしていくしかない、と思っている。
 
売れないのは「不景気」が理由ではないはず。
 
 
今朝は高校生の娘につきあって1時間ゆっくりジョギングしました。
ダイエットしたいそうです( ̄ー ̄)。

こんにちは!「ふかふか」店主の江塚です。
運営しているネットショップがこの3月で17周年を迎えることができました。

イーコマースは劇的に変化しつづけている業界のひとつだと思いますが
なんとかここまで続けてこられたのは、ある意味奇跡です。

ただ、これからも生業として、10年20年つづくように頑張っていかなければ
ならないなと思っています。

SNS隆盛の時代ですが、これまでもブログやツイッター、フェイスブックなど
はじめては続かずの繰り返しですが、今回はこれも仕事のひとつと割り切って
仕切りなおしてブログをはじめてみます。

商売のこと、商品のこと、実店舗のこと、日々のニュースで思ったこと、
プライベートのことなども混ぜ込んで書きつづけてみます。毎日とか毎週とかは
宣言しませんが (´▽`)

うちの子どもたちに読まれても恥ずかしくないくらいの雑文にはしたいなと。

IMG_1879
ああ、たしかに17年の月日が経っているなあ・・

↑このページのトップヘ